クレジットカードにサインはなぜ必要?その理由と注意点を紹介します

お金借りる検索リセット

クレジットカードにサインはなぜ必要?その理由と注意点を紹介します

クレジットカードとサインは利用する上で決して切り離すことができません。
サインのないクレジットカードはトラブルに巻き込まれる可能性があり、カードを利用する時にサインは重要なものだからです。
安全にクレジットカードを使うために、サインの必要性や注意点を紹介します。

クレジットカードへのサインはなぜ必要なのか

クレジットカードの裏面には署名欄があり、利用者は必ず自筆でサインをしなければいけません。
クレジットカードへのサインの意義について説明します。

【クレジットカードのサインの目的】

クレジットカードカードを利用する時に所有者(契約者)がカード利用者本人かどうかを店舗が確認するため

カード会社は利用者に対してカードへのサインを規定で義務付けており、サインのないカードの利用を禁止しています。

クレジットカードのサインがなかったらどうなる?

もしクレジットカードの署名欄にサインがなかったらどうなるのでしょうか。
サインがないクレジットカードが引き起こす可能性のあるトラブルを紹介します。

不正利用される可能性がある

サインのないクレジットカードは簡単に不正利用されてしまいます。
もし、サインのないクレジットカードが悪意ある第三者の手に渡ると、その人物はカードに自分のサインをして不正利用できてしまいます。

 

たとえ利用者がカードの所有者でなくても、店舗はカード決済時のサインとカード裏のサインが同じであれば本人と判断し、スムーズに決済が完了してしまいます。

店舗に利用を断られる

カード決済時にサインがないクレジットカードを提示しても店舗側に利用を断られることがあります。
店舗はカード決済時に本人確認が取れないと利用を拒否できるからです。

 

全てのクレジットカードは「カードは契約者しか使えない」と規定で定められています。
しかし、クレジットカードにサインが書かれていないと利用時に利用者と所有者が一致するかどうかを確認することができません。

補償を受けられない可能性がある

クレジットカードには紛失や盗難にあって不正利用された場合、損害の補償を受けることができる保険があります。
しかし、サインのないカードはその保険を受けられない可能性が高くなります。

 

これは「クレジットカードにはサインをしなければいけない」というカード会社の規定を違反しているからです。
サインのないカードは不正利用されても泣き寝入りしなければいけないでしょう。

クレジットカードのサインの正しい書き方

クレジットカードを初めて手にする人のために、正しいサインの書き方を解説します。
既にクレジットカードを利用している人もカード裏面にサインをしていない場合は、下記を参考に書きましょう。

クレジットカードが手元に届いたらすぐにサインを!

クレジットカードに申し込み、手元に届いたらまず行うことがあります。
それは、利用限度額など契約内容の確認とカードの裏面にサインすることです。

 

クレジットカードは、裏面にサインをして初めて自身所有の有効なカードになります。
これは新規のカードのみならず更新したカードも同様です。
カードには必ずサインしてください。

筆記用具は油性ペンがおすすめ!

クレジットカードのサインはなるべく油性ペンで書くようにしてください。
水性ペンや細いペン、ボールペン等はこすると落ちてしまうからです。

 

クレジットカードのサインは不正利用を防ぐためのものですヵら、一度書いたら消せない筆記具をおすすめします。

サインは漢字、ローマ字、記号なんでもOK!

クレジットカードのサインは言語を制限していません。
利用時に本人の確認がとれればどのような書体でサインしても問題ないのです。
当然漢字でもいいし英語でも構いません。

 

 更には、ひらがなやカタカナ、記号等でもサインは有効です。
但し、記号は簡単に第三者が真似できてしまうため、おすすめしません。

セキュリティコードにサインがかぶらないように

クレジットカードの署名欄には3桁か4桁の「 セキュリティコード」が記載されています。
セキュリティコードは、インターネット決済などで不正利用を防ぐための重要な情報です。

 

カードにサインを書く時にはこのセキュリティコードに重ならないようにしてください。

 

インターネット決済ではセキュリティコードの入力が必要不可欠です。
サインがセキュリティコードに重なって数字が判別できなくなると決済ができない、という困った事態になります。

クレジットカードのサインは適当でも問題ない?

クレジットカードのサインは楷書体でなければいけない、という決まりはありません。
サインは本人確認のものでもあるので適当なサインでも、極論を言えば記号やマークでも問題ないのです。

 

しかし、クレジットカードの不正利用防止のためには記号やマークは真似される可能性があります。
カードには本名を記述することが無難です。

サインを間違えた場合

クレジットカードへサインを書く時に間違えたため書き直したい、という状況が起こる可能性もあります。

 

公的な書類に記載した情報を訂正したい時は斜線を引いて訂正印を押せば問題ないのですが、クレジットカードはそういうわけにはいきません。
何らかの方法でカードを入手した人がサインを書き換えてしまうからです。

 

サインの書き間違いをしたときはカード会社にクレジットカードの交換を依頼してください。

家族カードへのサインは誰の署名?

クレジットカードには契約者と同様のカードを配偶者や子どもなどが使える「家族カード」があります。
当然家族カードにもサインが必要です。

 

家族カード裏面のサイン欄には実際にカードを利用する家族の方がサインを書いてください。
契約者のサインは無効となります。

クレジットカードの決済時にサインを書く時の注意点

クレジットカードを店舗などで利用し、決済を行う時には店舗側の要請でサインを書かなければいけないことがあります。
カード決済時のサインについての注意点を紹介します。

クレジットカード決済でサインが必要な理由

クレジットカードで何かを購入した時、またはサービスを利用した時にサインが必要なのは2つの理由があります。

本人確認のため

まずはクレジットカードの所有者が本人かどうかを確認するためです。
前述しましたが、クレジットカードは契約者本人でないと使うことができないと定められています。

 

店舗側は、クレジットカード決済時のサインとカード裏面に記載されている署名を照らし合わせて確認し、本人かどうかをチェックしています。

支払いの同意のため

決済時のサインは、本人確認だけが理由ではありません。
利用者本人が支払い額や支払い回数などその決済内容に同意した、という役割も持ちます。

 

サインすることによって契約が合意したことになります。

クレジットカード決済でサインをするときの注意点

クレジットカードの決済をきちんと完了させるために、サインをする際に忘れてはいけないことを紹介します。

伝票の内容をきちんと確認する

クレジットカード決済時には利用明細の内容や金額はしっかりと確認してからサインしてください。

 

クレジットカード決済時のサインの目的のひとつは利用者と店舗との間の契約合意です。

 

サインした後に金額や相違や商品が異なっていたと気が付いてもその代金を支払う必要があるのです。

クレジットカード決済時のサインの代筆はNG

クレジットカードは契約者しか使うことしかできないため決済時のサインは本人のものでないといけません。
決済時に手が離せないからと代わりに家族がサインをしても有効にはならず、ましてや店員に代筆させることは論外です。
サインの代筆は規定違反となりますのでその決済は無効になります。

カードの署名と同じ書体でサインする

クレジットカードの決済でサインするときはカードの署名と同じ書体で書いてください。
本人かどうかを確認しなければいけないからです。

 

クレジットカードを海外で利用する際に、カードの署名が漢字でもその国が英語圏だからといってローマ字で書く必要はありません。

クレジットカードの裏面と違うサインは認められないのか

クレジットカードのサインと決済時のサインは本人確認のものですが、厳密に全く一緒である必要はありません。

 

日本は同じ読み方でも複雑な漢字があります。
例えば「渡辺」「渡邊」「渡邉」など同じ「わたなべ」でも様々な漢字の名字が存在します。
もし「渡邉さん」の場合、クレジットカードの裏面には正式な漢字書き、決済時には「渡辺」と簡単な漢字でサインをしても有効なのです。

サインがいらないサインレス決済とは

クレジットカードを利用しても一定の金額内の決済であればサインや暗証番号を必要しないサインレス決済が増えています。

 

キャッシュレス化が進んでいる現在、少額での決済でいちいちサインをするとレジの混雑し、店舗側の負担が大きくなるからです。
サインレス決済はスピーディーな決済を可能にします。

【サインレス決済を導入している代表的な店舗】
・コンビニエンスストア
・ショッピングセンター
・百貨店の食料品売り場
・高速道路の料金所

このような場所ではサインをしなくてもクレジットカードに搭載しているICチップや磁気テープを端末機で読み込めば決済が完了します。

 

逆を言えば、万が一クレジットカードが第三者に渡ってしまった場合、簡単に不正利用されてしまいますので注意しましょう。

暗証番号を忘れたらサインで代用できる?

しばらく使っていないクレジットカードで決済する時に暗証番号を忘れた、ということがあるかもしれません。
しかし、その際は代わりにサインすれば決済が可能になりますのでご安心ください。

 

クレジットカードのサインと暗証番号の関係について解説します。

暗証番号の入力は拒否できる

クレジットカードを端末機に差し込み暗証番号を入力する、という決済方法があります。
その場合は必ず暗証番号を入力しなければいけない、と思っている人も多いでしょう。
しかし実はサインすれば暗証番号の入力を断ることができます。

 

暗証番号はセキュリティの観点で店員の前で入力したくない、という人が一定数存在します。
また、暗証番号の入力を拒否されたとしても店員は気にしていません。
暗証番号を入力したくないのであれば堂々と意向を伝えましょう。

暗証番号が必ず必要な時

クレジットカード決済時の暗証番号入力はサインで代用できますが、どうしても暗証番号が必要な時もあるので注意が必要です。

【暗証番号入力が必ず必要な時】
・駅のATMで定期券を購入する時
・キャッシングサービスを利用する時
・海外で利用する時 など

特に海外ではクレジットカードを利用する時はどのような時でも暗証番号を必要とされると考えたほうがよいでしょう。
海外に行くときはクレジットカードの暗証番号を事前に確認し、忘れないようにしてください。

クレジットカードにかっこいいサインを書くには?

クレジットカードのサインについて、できればかっこいいサインにしたい、と考えている人もいるのではないでしょうか?
そのような人のためにクレジットカードのサインをかっこよく書くためのノウハウを紹介します。

 

現在「脱ハンコ」「脱印鑑」が進み一般的になってきました。
これを機にサインを練習してみてもいいかもしれません。クレジットカード以外にも活用できるでしょう。

かっこいいサインのメリット

クレジットカードのかっこいいサインは見た目だけではなくいくつかのメリットがあります。

 

不正利用防止になる

かっこよく、オリジナリティのあるサインは見た目の良さだけではなく不正利用の防止にもなります。
もしこのようなサインが書かれたクレジットカードが不正取得されても、簡単にサインを真似することができません。
安全面からもかっこいいサインはおすすめです。

 

毎回のサインが楽になる

かっこいい、オリジナリティのあるサインは自身の名前を崩してほぼ一筆で書くようなパターンがほとんどです。
画数が少ないサインは慣れてしまえば決済時のサインがかなり楽になるでしょう。

クレジットカードにかっこいいサインを書くコツ

クレジットカードのサインをかっこよく描くためにはどうすればいいのでしょうか。
そのヒントやコツを紹介します。

サインの形に決まりはない

サインの形に制約がありません。
どの国の言語でも、楷書体でも筆記体でも、崩した書体でも本人とわかるサインであれば有効で、たとえ他人が読めなくてもOKです。
とにかく自身が「かっこいい」と感じるサインを作成してみてもいいかもしれません。

再現できるサインにする

いくらかっこいいサインでも決済時にスムーズに書けないと意味がありません。
凝ったデザインにするよりはすぐに再現できることを意識して複雑すぎないサインにしてください。

署名欄とのバランスを考える

外国人のサインの多くは上下にボリュームがあるデザインです。
憧れている人もいるでしょう。
しかしクレジットカードの署名欄は上下の幅が狭く、上下にボリュームのあるデザインは適していません。
「クレジットカードのサイン」であれば上下のボリュームを抑え、横長のサインにしたほうがよいでしょう。

お金借りる検索リセット
page top