クレジットカードは何歳から作れる?年齢制限や所有できる条件を解説

お金借りる検索リセット

クレジットカードは何歳から作れる?年齢制限や所有できる条件を解説

ショッピングやサービスの決済でキャッシュレス化が進んでいます。
そんな現代社会にクレジットカードは必要不可欠な存在かもしれません。

 

とても便利なクレジットカードですが、果たして何歳から申し込めることができるのでしょうか?
クレジットカードに申し込める年齢と資格との関係を解説するとともに、未成年におすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードに申し込めるのは18歳から

クレジットカードに申し込むことができるのは18歳からです。

 

審査に通れば18歳以上の人は、クレジットカードを持つことができます。

 

この年齢設定は、日本では「支払い能力があり、社会的な責任を負える年齢が18歳から」と考えられているためです。

 

ただし、18歳を越えれば全ての人が申し込めるわけではありません。
さらに、未成年の人が申し込むには条件があります。
クレジットカードに申し込める年齢と資格の関係について解説します。

クレジットカードを所有できる条件

まずはクレジットカードに所有できる条件について解説します。
カード会社各社は、クレジットカードに申し込める条件を定めています。

【申込条件の一例】
・18歳以上であること
・安定した収入があること
・高校生ではないこと 他

但し、いずれの条件を満たしているからといって、必ずクレジットカードを所有できる訳ではありません。

高校生はクレジットカードを持てない

18歳を超えていても高校生はクレジットカードを作ることができません。

高校生は支払い能力がない、と考えられています。
そのため、たとえ19歳の人でも高校生であればクレジットカードに申し込んでも審査は通らない、とお考えください。

フリーターでもクレジットカードは持てる

クレジットカードを所有できる条件の一つに「安定した収入があること」が挙げられます。
クレジットカードを利用すると後日その代金を支払わなければいけないので当然のことです。

 

「安定した収入」と定められていると、「クレジットカードは正社員でなければ持てないのでは?」という印象を受ける人がいるかもしれません。

 

しかし、クレジットカードの中には、就業形態は関係なく所有することができるものが多く存在します。
申込条件に正社員の定めがないクレジットカードであれば、たとえパートやアルバイトの人でもカードの申し込みは可能です。

 

ただし審査が通るかどうかは別の話です。

未成年は親の同意がないとクレジットカードに申し込めない

未成年でも18歳以上であればクレジットカードに申し込みは可能です。

 

しかし、20歳未満の人は親権者の同意がないと申し込めません。

 

もし未成年の人がクレジットカードを申し込みたいのであれば、まずは親に相談して了承を得た上で申し込んでください。
くれぐれも内緒で申し込むことはないようにしましょう。規約違反になります。

クレジットカードは何歳まで申し込める?

クレジットカードに申し込める下限の年齢は高校生を除く18歳からです。
逆に申し込める上限の年齢はあるのかと疑問に感じる人もいるでしょう。

 

現在、クレジットカードの申し込みに上限年齢は定められていません。

 

一昔前までは定年退職を迎えた人は安定的な収入がなくなるためカードを作りにくかったのは事実です。
しかし、現在はシニア世代でも何らかの収入を得ている人が多いため、カード会社は条件を緩和しています。

 

但し、申込時の収入や資産状況などから審査により返済能力が低いと判断された場合は、審査に落ちる可能性もあります。

未成年がクレジットカードを持つメリット

クレジットカードの利用はある意味借金を作ることです。
安易に借金ができるクレジットカードを未成年が持つことに疑問を感じる人はいるかもしれません。

 

しかし若いうちからクレジットカードを持つことによって得られるメリットもあります。

未成年がクレジットカードを持つと得られるメリットに「クレヒス」を作ることができることが挙げられます。
クレヒス→「クレジットヒストリー」の略で、クレジットカードやローンの利用履歴

定期的にクレジットカードを利用し、しかも期日に遅れずきちんと返済していた、というクレヒスの持ち主に対してカード会社は高く信頼します。

 

この利用者は更新時や利用限度額の枠の拡大の審査、新たなローンやクレジットの審査が通りやすくなるでしょう。
きちんとしクレヒスががあれば、所有しているクレジットカードのステータス(一般→ゴールドに、など)を上げる時にも有利です。

 

クレジットやローンを利用しながら生活していく上でクレヒスはとても役に立ちます。

収入がない未成年でも作れるクレジットカード

クレジットカードは高校生を除く18歳以上で安定した収入がないと申し込むことができません。
しかし、収入がなくても所有できるカードは存在します。

 

それは「家族カード」と「学生向けクレジットカード」です。
順に解説していきましょう。

審査不要で保護者も安心する「家族カード」

多くのクレジットカードには、本会員の家族専用に発行可能な「家族カード」があります。

【家族カードとは】
カードの契約者(本会員)の配偶者や子どもといった家族に対して発行されるカード

家族カードは、通常のクレジットカードと異なる特徴を持ちますので解説します。

家族カードは本カードと同じ種類

契約者の持つ本カードと家族カードの種類は同じです。

 

もし契約者の所有しているカードのステータスがゴールドカードやプラチナカードであれば家族カードも同じステータスとなり、保険などの付帯サービスも同一になります。

 

家族カードであれば、未成年でありながらプラチナカードを持てる、という可能性もあるのです。

家族カードの利用可能枠は本会員と共有

家族カードの利用限度額はそのカードそのものに設定されておらず、本会員の利用可能枠を分け合って使うことになります。

 

もし本会員のカードの利用限度額が100万円であれば、契約者のカードと家族カードのトータルの利用限度額が100万円となります。

 

家族カードの利用代金は契約者に請求されます。

家族カードの名義は利用者となる家族の名義

家族カードの契約者は本契約を結んでいる人であり、請求は契約者宛に行われます。

 

しかし、家族カードの名義は契約者ではなく利用者となる家族です。
契約者の妻の家族カードの名義は妻に、子どもの家族カードの名義は子ども、となります。

家族カードのメリット

家族一人ひとりがクレジットカードを持つことと比較すると、家族カードにはいくつかのメリットがあるので紹介します。

家計の管理がしやすくなる

家族カードの利用料金は契約者に請求されます。

 

家族がそれぞれクレジットカードを所有していても家族カードであればどのようにカードを利用していたのかを一元管理できます。
カードの利用が一元管理できれば出費の無駄の検証が可能になり、節約しやすくなります。

保護者が利用内容を把握できる

親が契約しているクレジットカードの家族カードを子供に与えることで、親が利用内容を把握できます。

 

子どもからするとあまりメリットに感じないかもしれませんが、親権者同意を得られない子どもにとってはメリットです。

 

親権者同意を得られずクレジットカードを持てない未成年者でも親の家族カードならば、利用内容が親に通知されるため親が安心するでしょう。

ポイントが貯まりやすくなる

家族カードを利用して付与されるポイントは契約者に一括で付与されるカードが多いです。
中には家族カードに付与するカードもあります。

 

一括付与された場合でも契約者が申請することで家族でポイントを分け合うことも可能です。

 

契約者のみならず家族がカードを利用すればそれだけポイントが貯まります。
家族カードを契約していると多くのポイントを獲得できるでしょう。

 

しかもポイント還元率の高いクレジットカードであれば、あればさらにポイントを貯めることができます。

家族カードの申し込み方法

家族カードへの申し込みは、クレジットカードを新規に申し込む際に同時に申し込むことができます。
また、手元にあるクレジットカードに追加して申し込むことも可能です。

 

所有しているクレジットカードに家族カードの追加が可能であれば、そのカードのWEBページで簡単に申し込めます。

家族カードの発行に際しては、基本的に審査はありません。
但し、本会員に対して遅延や延滞などの不安要素がある場合は、稀に家族カードの発行を見合わせることもあります。

また、発行可能な家族カードの枚数はクレジットカードにより異なり、無制限に家族カードが作れる、というわけではないのでご注意ください。

学生のために作られたクレジットカード「学生向け/学生専用クレジットカード」

就業していない、収入がない未成年でも、学生であれば学生向けや学生専用のカードに申し込むことができます。
学生向けカードの特徴について紹介します。

【学生向け/学生専用クレジットカードとは】
高校生を除く学生を対象に発行しているクレジットカード。
収入がないまたは、アルバイト程度の収入しかないことを前提にしているため、一般のクレジットカードより審査のハードルが低い。

 

尚、一部の学校に通う学生は対象外となっているため、大学や短期大学以外に通う学生は事前に確認が必要。

大抵のカード会社は学生や18歳~20代前半の若年層を対象とした学生向けのクレジットカードを発行しています。

 

学生向け、学生専用カードは定職や収入がなくても申し込めますが、利用限度額が30万円までと通常のカードより低く設定されています。

 

また、学生であっても未成年であれば親権者の同意がないと申し込めません。

学生向けカードと家族カードはどちらがよいのか

未成年が所有できるカードは、一般のクレジットカード以外に「学生向けカード」と「家族カード」があります。
この二つにはそれぞれメリットとデメリットがあるので申し込みを考える際には比較検討してください。

家族カードのメリット・デメリット

【メリット】
・契約者が審査対象になるため、容易にクレジットカードを所有することができる
・本契約のカードのステータスが高ければ手厚いサービスを受けられる

【デメリット】
・親に利用状況がすべて知られてしまう
・クレヒスに影響しないため、育てられない
・ポイントが親に一括で貯まる場合がある

学生向けカードのメリット・デメリット

【メリット】
・親に利用状況を知られにくい
・自分でクレジットカードの利用を管理できる
・早期からクレヒスを育てることができる
・ポイントを自分で自由に使える

【デメリット】
・支払い義務が生じる
・使い方によってクレヒスに傷がつく可能性もある
・申込時に必ず親権者の同意を得る必要がある

学生向けカードの申し込み方法

学生向けカードは通常のクレジットカードと同様にカード外車のWEBページ、郵送、サービスカウンターで申し込めます。
申し込みに必要なのは引き落としのための銀行口座とその情報と、公的な本人確認書類です。

【公的な本人確認書類】
運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証
※学生証は本人確認書類としては認められません

尚、申し込んだ人が未成年の場合は審査で親権者への確認が行われます。
確認方法はカード会社から親権者に対して電話で確認をする、同意書の提出を求められる、といった手段です。

未成年がクレジットカードを持つときの注意点

未成年の人がクレジットカードを持つ場合はクレジットカードを初めて持つ、という人がほとんどではないでしょうか。
初めてクレジットカードを持つ人のために、クレジットカードの注意点を紹介します。

年齢の虚偽は絶対にNG

クレジットカードを申し込めるのは高校生を除く18歳以上です。

 

申し込める年齢に達していないので年齢を偽って申し込めばいいのでは?という人もいるかもしれないが厳禁です。
絶対にやめてください。

 

クレジットカードの申し込み時には年齢を証明の資料が必須なので虚偽は高い確率で判明します。
虚偽が判明すると審査が通らないだけではなく虚偽の申告をしたと信用情報機関に登録され、カード会社に情報が共有されてしまいます。

 

虚偽申告を行うと今後のローンやクレジットの審査に大きく影響するでしょう。

利用料金の支払いを延滞をしない

クレジットカードの利用代金は銀行口座から引き落とされますが、口座の残金が1円でも足りないと利用代金は引き落とされません。

 

利用代金が引き落とされないと延滞扱いとなり遅延損害金が発生します。
口座の残金はできる限り把握して延滞を避けるようにしましょう。

 

また、クレジットカードの延滞が続くと更新時や新しくカードを作る時の審査が悪くなり、最悪の場合利用中のクレジットカードが強制解約となります。

未成年のクレジットカードの選び方

現在、未成年でも申し込めるクレジットカードは数多くあります。
未成年はどのクレジットカードを選べばよいのでしょうか?そのポイントを紹介します。

ポイント還元率が高いものを選ぶ

クレジットカードをお得に利用したいのであればポイント還元率の高いものにしましょう。
そうすれば利用するごとにポイントが効率よく貯まっていきます。

 

未成年や学生は収入があまり多くないはずですから、貯めたポイントがちょっとしたお小遣い程度になるでしょう。

 

カードによっては新規入会や年間の利用額に応じてポイントが付与される、というものもあります。
ポイントが貯まる条件はクレジットカードによって異なるので申し込む前にきちんと確認しましょう。

利用状況の管理がしやすいものを選ぶ

使い過ぎや引き落とし日、引き落し額を把握するためにも、スマホのアプリなどで利用状況を把握できるクレジットカードはおすすめです。
支払日がプッシュ通知されれば支払い忘れは防げますし、日々利用状況が管理できれば使い過ぎの防止にもなります。
不正利用の確認も簡単にできます。

海外旅行時の保険が付帯しているものがおすすめ

クレジットカードを所有したい理由に海外旅行や留学のため、という学生も多いでしょう。

 

海外ではセキュリティの観点やいざという時のためにクレジットカードは不可欠です。
海外でもし怪我や病気になって治療を受けた場合、保険がないと治療費は高額になります。
クレジットカードを申し込むのであれば、海外に行くことも想定して海外旅行保険が利用できるカードにしたほうがよいでしょう。

お金借りる検索リセット
page top