クレジットカードが使えないのはなぜ?その原因と対策、対処法を紹介

お金借りる検索リセット

クレジットカードが使えないのはなぜ?その原因と対策、対処法を紹介

クレジットカードをいつものように利用しようとした時に使えなかったらとしたらとても困るのではないでしょうか。
急なことで慌ててしまうでしょうし、焦ってしまうかもしれません。
今まで普通に使えていたクレジットカードが急に使えなくなるのはいくつかの要因が考えられます。
いざという時のために、その原因と対処法を状況別に解説します。

 

クレジットカードが使えなくなる原因は3つ

いつも利用しているクレジットカードが使えなくなる原因は大きく3つに分けられます

・利用者に原因があるため
・利用しようとした店舗に原因があるため
・カードそのものやカード会社に原因があるため

それぞれの原因には、すぐに解決できるものから解決まで数年を要するものまで様々です。
順に詳しく解説していきましょう。

利用者が原因でクレジットカードを使えなくなる場合

まずはクレジットカード利用者に問題がある場合を紹介します。
複数の原因が考えられますが、いずれも少し意識をすれば回避することができます。

すでに利用限度額を超えているため使えない

単純にクレジットカードの利用限度額を超えていることが考えられます。

 

クレジットカードには無制限に決済できるわけではなく、それぞれ利用可能な金額が決められています。
クレジットカードを複数回数利用して、もしくは高額な決済を行って利用限度額を超えてしまえばそのカードが使えなくなります。

 

また、利用可能額があってもその金額より高額な決済はできません。

 

基本的にクレジットカードは利用限度額を超えれば、翌月の利用代金の引き落としが完了し、クレジットカード会社が枠を戻すまで利用できなくなります。
枠が戻る日は引き落とし日当日や数日後など、クレジットカード会社により異なるので、気になる人はカード会社に確認しましょう。

 

どうしても利用可能枠が戻るまで待てないという人のために、次の引き落とし日を待たずにカードを使う方法を紹介します。

【利用可能枠が戻る前にクレジットカードを使う方法】
・引き落とし日より前に利用料金を入金して利用限度額の枠を復活させる
・クレジットカード会社に増額の手続きをして利用限度額の枠を広げる

増額に関しては、一時的な増額が可能なこともありますので、必要に応じてカード会社に確認してください。

クレジットカードの支払いを延滞している

クレジットカードの利用代金は毎月引き落とされますが、銀行口座から代金が引き落とされないとそのカードは使えなくなります。

 

もし残高不足でクレジットカードが使えなくなった場合でも、カード会社の定める再振替日に引き落しができたり、指定の口座に入金したりすれば翌日以降に使えるようになります。

 

銀行口座の残高はカードの利用金額より1円でも足りないと引き落としが完了しません。
意識せずに残高不足になることもあるので注意が必要です。

 

たとえうっかりでも頻繁に延滞する人はカード会社の心証が悪くなります。
延滞が多い人は契約更新時や新規カード作成時の審査に影響し、また、延滞すると遅延損害金が発生します。
延滞はデメリットはしかありません。

クレジットカードの有効期限が切れていた

クレジットカードの有効期限が切れると利用限度額は関係なくそのカードは使えません。
クレジットカードは基本的に自動更新なので、更新時期になると新しいカードが手元に届きます。
新しいカードが到着すれば古いカードを破棄するため、古いカードを使う機会はない、と思われるかもしれません。

 

しかし、更新時期にカードを受け取れないこともあります。
例えば更新時期に転居して申告していた住所が変わっていた、長期の出張などで長らく不在にしていた、というケースです。

 

クレジットカードの更新時期を常に把握していない人にこのような状況が重なると、有効期限切れの古いカードが手元に残ったままになります。

 

インターネットのサービスを利用している人はクレジットカード情報を登録する人は多いでしょう。
この場合、カードの情報を更新後の情報に更新しなければいけないサイトと更新不要なサイトがありますので、更新時期が近い人は確認することをおすすめします。

クレジットカードの暗証番号やカード情報の入力ミス

店舗でクレジットカードを利用する際、暗証番号の入力ミスをするとカードが認識されずカードが使えなくなります。
暗証番号の入力ミスを続けて何度か行うとそのカードはロックされてします。

 

暗証番号の入力ミスでクレジットカードがロックされた場合、カード会社に連絡して解除してもらうしか利用を再開する方法はありません。
あてずっぽうで番号を入力する、ということは避けたほうがよいでしょう。

 

インターネット決済でクレジットカードが使えない理由の多くがカード情報の入力ミスです。
入力時に注意しなければいけないのは、会員番号やセキュリティコード、有効期限だけではありません。
名前や住所、電話番号の入力ミスがあってもカードは使えなくなります。
入力したら間違いがないかしっかり確認しましょう。

高額決済を行った場合

普段購入したことがないような高額の商品やサービスをクレジットカードで決済しようとしたら使えなくなることがあります。
これはセキュリティ対策の一環で、普段利用しないようなカード決済に対してカード会社が不正利用の疑いを持つからです。

 

このような場合、決済を行っているのが所有者本人だと認識されれば利用できます。
決済時にカード会社から確認の電話が利用者に入るのできちんと対応すれば問題ありません。

 

カード会社からの連絡は、店舗に入る場合と会員本人に入る場合があります。
店舗に入る場合はその場で対応可能です。

 

但し、カード会社に自宅電話番号のみを登録していたり、登録している携帯電話番号が変わっていたりすると円滑に連絡が取れず、その場で決済ができなくなる可能性があります。

店舗やサービスを提供する側が原因で使えない場合

クレジットカードが使えない理由は利用者だけではなく商品やサービスを提供する側が原因であることもあります。
場合によってはどうしてもカードの利用ができないということもありますので、その場合は利用を諦めるしかありません。

クレジットカード払いに対応していない

クレジットカード払いに対応していない店舗ではカードは使えません。
日本では未だにクレジットカード払いに対応しておらず、現金払いのみの店舗や法人が数多く存在します。
例えば個人商店、零細企業、病院やクリニックなどです。

 

キャッシュレス化が進んでいる中で、このような店舗や法人が未だにクレジットカード決済を導入していないのは理由があります。
それはカード決済によって発生する手数料の負担が馬鹿にならないからです。
カード決済によって負担する手数料率は数%ではあるものの、規模の小さい店舗や法人にとってはかード会社への手数料が利益を圧迫します。

所有しているカードのブランドに対応していない

所有しているクレジットカードは、そのカードについている国際ブランドの加盟店でしか使うことができません。
ハウスカード以外のクレジットカードには、VISA・Mastercard・JCBなど必ず国際ブランドがあり、各国際ブランドが決済機能を提供しています。
もし所有しているクレジットカードがJCBで、利用しようとしている店舗がVISAとMastercardの加盟店であればそのカードは使えません。

【5大国際ブランド】

VISA / Mastercard / JCB / American Express / Diners Club

端末機の故障

クレジットカードを店舗で利用する際には、必ず端末機にカードの情報を読み込ませて決済を完了します。
もしこの端末機が故障しているとカード決済ができなくなります。
明らかに店舗側、もしくは端末機を提供しているカード会社に問題があるケースのため、いくらカードを利用したくても利用者は問題を解決できません。

カードそのものやカード会社が原因で使えない場合

クレジットカードが使えなくなるのは利用者や店舗側の理由だけではありません。
時にはクレジットカードそのものやカード会社が原因で使えなくなってしまいます。

クレジットカードの破損

クレジットカード自体に不具合があるとそのカードが使えません。
例えば、磁気テープやICチップに傷や汚れがあると端末機がカード情報を読み込むことができなくなり、決済が完了しないのです。

 

磁気テープやICチップは一見問題なくてもカード自体が不良品で特定の店舗でカードが使えないということもあります。

 

同じコンビニでもローソンでは決済出来てもセブンイレブンでは決済ができないというケースもありうるのです。
このような場合、カード会社に新しいカードの発行を依頼しましょう。

クレジットカード会社のシステムトラブル

カード会社のシステムにトラブルが発生すれば、トラブルが解消するまでそのブランドのカードの利用者全てがカードを使えなくなります。
もし原因がわからずカードが使えなくなったらカード会社のシステムトラブルの可能性があります。
カード会社に問い合わせるかWEBページをチェックしましょう。

クレジットカードを使えない時の対策と対処法

クレジットカードが使えないという状況は、利用者の原因でないことがあるものの気を付けていれば回避できることもあります。
クレジットカードを常に使えるように注意すべき点、またもし使えなくなった時の対処法を紹介します。

常にクレジットカードの利用状況を把握する

クレジットカードの利用額と翌月の支払額を把握することはスムーズにカードを利用するために非常に重要です。
クレジットカードは利用限度額を超えると使えなくなります。
また、たとえ限度額に達していなくても引き落としの銀行口座の残高が不足していれば使えなくなります。

 

利用額と支払額の状況管理はカードを使いすぎの防止になる、というメリットもあります。

クレジットカードの保管方法に気を付ける

クレジットカードの物理的な不具合を防ぐため、カードの保存には気をつけてください。
ICチップや磁気カードに汚れや傷がつかないような場所に保管することをおすすめします。

 

また、磁気を強く発する機器の近くにクレジットカードを置いておくと磁気テープに影響を及ぼします。
スマートフォンやパソコンなどの近くにカードを置かないようにしましょう。

 

クレジットカード自体も磁気を帯びていますので、カードを重ねることもおすすめしません。

異なったブランドのカードを2枚持つ

所有しているクレジットカードが何らかの事情で使えなくなる可能性は常にあります。
いざという時のために複数のクレジットカードを持つと安心です。

 

もし複数のクレジットカードを持つのであれば、もう一枚のカードは異なるブランドにすれば便利です。
クレジットカードが使えない理由の一つにある「所有しているカードの国際ブランドが使えない」ということを回避することができるからです。

即日発行のカードを利用する

所有しているクレジットカードが使えなくなった場合、即日発行が可能なカードを作るのも一つの解決策です。
ACマスターカードやセゾンカード、エポスカードは即日発行に対応しているので申し込んだその日に店舗で使えます。

 

また、三井住友カードのように申し込んで審査に問題なければ最短5分でカード情報の照会が可能なカードもあります。
カード情報の照会が可能であればインターネットでカードを使うことができます。

お金借りる検索リセット
page top